平成28年7月23日、第32回宝塚国際室内合唱コンクール(於:ベガ・ホール)に出場、近現代部門(参加13チーム)の銀賞に選ばれ、翌24日の上位入賞団体による特別演奏会に出演させていただきました。

3回目の出場となる今年は、近現代と無差別級の2部門に選抜メンバー20名が出場し、昨年同コンクールで獲得した賞金を元に作成した新しい衣装を着て演奏。また、無差別級部門では猫をイメージした衣装に身を包み、振り付けを交えて演奏しました。
今回のコンクールは、特に海外からの出場団体にはプロを含む大変ハイレベルな団体が揃い、そんな中、少年少女でありながら大健闘した結果の銀賞授賞であったと思います。

出場したメンバーの皆さん、おめでとうございました!また、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!


宝塚コンクール出場メンバーの皆さん

続いて7月26日には、豊田市コンサートホールにて行われた「音楽宅急便 クロネコファミリーコンサート」に、47名の団員が出演しました。
コンサートでは名古屋フィルハーモニー交響楽団の皆さんと共演し、「合唱組曲あめつちのうた」「故郷」を演奏しました。
その他にも、聴きなじみのあるクラシックの名曲や、ナレーションを交えた音楽物語、観客の指揮者体験など、盛りだくさんの楽しいコンサートでした。
素晴らしい演奏会に出演し、オケとの共演という大変貴重な経験をさせていただくことができました。


平成28年6月12日、豊田市少年少女合唱団が、愛知県合唱祭に出演しました(於/名古屋文理大学文化フォーラム、主催/愛知県合唱連盟)。
当日はJ2クラス以上の84名が参加、「RAPATA PA」「音あそび」の2曲を演奏しました。
「音あそび」は、振り付けやピアニストの先生のセリフを交えて演奏、楽しい演出に客席からは笑い声もあがっていました。
出演した団員の中には、今回が初舞台となる新入団員もいました。緊張したでしょうか?演奏を楽しめたでしょうか?これからの活躍が楽しみです。
また、大学生の団員が、大学生対象のワークショップにも参加、終了後に受講生による演奏披露がありました。
自分たちが演奏をするだけでなく、他の多くの合唱団の演奏を観賞することができ、参加した団員にとって、とても良い機会となりました。



平成28年5月15日(日)にスカイホール豊田で行われた「とよた安全安心フェスタ」に、88名の団員が出演しました。
「365日の紙飛行機」、「群青」、「イッツ・ア・スモール・ワールド」の3曲を演奏し、客席の皆さんから温かい拍手をいただきました。
会場で聴いてくださった皆さん、ありがとうございました。



平成28年4月17日(日)、三井住友海上しらかわホール(名古屋市中区伏見)で行われた、第23回愛知県ヴォーカルアンサンブルコンテストに、合唱団から3チーム33名が出場しました。
「豊田市少年少女グレイス」「豊田市少年少女エンジェル」「豊田市少年少女ミックス」の3チームが、大学・職場・一般部門「ユースの部」に出場、結果はグレイスが金賞、エンジェルとミックスが銀賞を受賞しました。
また、エンジェルとミックスが、観客の投票によって選ばれる「聴衆賞」の1位と3位をそれぞれ受賞しました。
出場したメンバーのみなさん、おめでとうございました!


豊田市少年少女エンジェル

豊田市少年少女グレイス

豊田市少年少女ミックス