平成29年7月22日、第33回宝塚国際室内合唱コンクール(於:ベガ・ホール)に出場、近現代部門(参加12チーム)の銀賞に選ばれ、翌23日の上位入賞団体による特別演奏会に出演させていただきました。

4回目の出場となる今年は、20名の出場メンバーが今までと大きく変わり、約半数が初出場、中学生団員の人数も過去最多でした。また、コンクールのために取り組んだ曲もこれまでになく難易度の高いものでしたが、出場経験のある大学生団員がチームの核となり、4月に始まった練習から本番まで、メンバー同士支え合って一生懸命頑張って来ました。今回のコンクールもハイレベルな団体揃いであり、その中での銀賞受賞、また、全部門を通して6団体しか出られない特別演奏会に出演させていただけたのは、本当に誇らしいことでした。
そして、他の団体の演奏(今回は特に海外から出場の合唱団の感動的なパフォーマンスがありました!)を鑑賞したり、出場団体同士が交流し合ったりできるのが、この国際コンクールならではの醍醐味。今回初出場の団員にとっては殊に刺激的であったと思います。ここで得た素晴らしい経験を合唱団に持ち帰り、次の演奏に活かしていってくれることでしょう。

出場したメンバーの皆さん、おめでとうございました!また、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!


阪急宝塚駅での前夜祭(街かどコンサート)にも出演

交歓会にて


シェアする